弁護士保険

弁護士保険の保険料の請求の流れは?具体的な手順を徹底解説!

法律相談料保険金の流れ

ステップ1 事前の連絡
・被保険者が法律相談費用が支払われ
る案件か保険会社に電話で確認

ステップ2 【自分で弁護士を選定】
・弁護士を決定し、面談日を調整し
保険会社に連絡
・保険会社から弁護士へ保険利用の
説明、保険金請求書を郵送

【弁護士を紹介してもらう場合】
・弁護士紹介ダイヤル希望と保険会
社へ連絡
・後日、弁護士情報を伝え相談する
弁護士に保険金請求書を郵送
・被保険者が直接弁護士に連絡し
面談日を決める

ステップ3  弁護士事務所などで法律相談の実施

ステップ4  書類の作成
・法律相談時、保険金請求書を確認
し署名する
・相談後、さらに訴訟などをお願い
する場合は、弁護士費用等
見積書(着手金)の作成を依頼する

ステップ5 法律相談保険金支払
・保険会社が保険金請求書受領後
弁護士へ直接支払

弁護士費用等保険金の流れ

ステップ6  事前連絡
・被保険者が保険会社に弁護士
費用等保険金が支払われる案件
か確認

ステップ7  見積書の手配をし、保険金支払金額
(着手金)を決定
・事件を依頼する弁護士に弁護士費
用等見積書を作成してもらい保険金
(着手金)の支払額を決定し、保険
会社より被保険者、弁護士に連絡

ステップ8  保険金請求書送付
・今回支払いされる金額を明記した
保険金請求書を保険会社より
弁護士へ郵送

ステップ9  弁護士事務所等にて委任契約を締結

ステップ10  保険金の支払い
・保険金請求書を受領後、
弁護士へ 保険金振込

ステップ11  弁護士から被保険者へ
着手金(一部)請求
・実際かかった着手金から保険金
で支払われた金額を差し引いた
金額を弁護士から被保険者に請求

ステップ12  事件着手

ステップ13  事件処理終了したら被保険者が
保険会社に連絡

成功報酬、日当、実費が支払われる場合
(プリベント特定偶発事故、リガールBIZのHIプラン)

ステップ14  事件後得た経済的利益から保険金額
を決定する
・確定した経済的利益を確認できる
書類を弁護士が保険会社に提出
・保険会社が支払額を決定し被保
険者弁護士に連絡

ステップ15 成功報酬、日当等保険金支払
・保険金支払請求書受領後、弁護士
へ保険金支払い

TVCM放映開始!

 

他人事じゃない!あなたの周りのトラブルのお守りにべんほ!

日本では年間、約218万人もの人が法的トラブルに直面しています。※1

これを読んでいるあなたにも充分に法的なトラブルに直面する可能性があるという事です。

実際に相続労働のトラブル等は自分には関係が無いと言えるでしょうか?

そういったトラブルが起こった際の準備はできていますか?

安心してください!

べんほ(弁護士保険)があれば、莫大な弁護士費用をカバーできます!

個人向けのべんほの申し込みは以下のページから可能です。
資料請求も無料で行っておりますのでお気軽にお問合せください。

お申込み資料請求

※こちらは個人向けのべんほのリンクです。

※1 2008年度市民の法的ニーズ調査報告書(日本弁護士連合会)より
※2 ※1及び総務省統計局人口推計(平成27年6月1日現在(概算値))当社試算
※3 ※1及び平成24年交通事故発生状況(警察庁交通局)基に当社算出

募集文書番号: PV2019営推00205