みんなの体験談

とんでもないブラック企業に就職!あなたはどうする?!

こんにちわ!

今回も皆様からの体験談を投稿していきます!

就職した会社の状況が悲惨だった

2013年に勤めていたケーキ屋さんでのトラブルです。私は製菓衛生士の資格を生かしたくて製菓製造の仕事を探していました。当時ハローワークで求人を探していて、そのケーキ屋さんを見つけました。求人内容は週休2日、勤務時間は朝8時~夕方6時の間で休憩2時間の8時間労働でした。実際に勤務してみると朝7時~夜11時まで。休憩はありませんでした。

しかしそれは私だけで、店主の社長は一日いっぱいパチンコ、社長の奥さんはずっと休憩室として使われていた場所でタバコを吸ってお菓子を食べてパソコンでショッピングをしていました。

従業員は私以外に3人いるはずだったのですが、1人は私が入社してすぐに退職、もう1人は社長夫婦の息子で、しかも中学生で働けないのに無理やり手伝わされてる感じでした。そして最後の1人が社長の義母でした。社長の実父が再婚で、その再婚相手が無理やり手伝わされているという状態です。手伝いなので勿論仕事はせず、ただ立っているだけで製造作業は全部私任せでした。

製造以外に販売部があり、販売部には常に5人くらいの営業がいました。その営業は朝8時~夜7時までの勤務時間で、みんなその時間通りに動いていました。
店の経営方法としては、製造で作ったケーキ類を営業が持ち込みの自家用車で運搬して地方の個人客や法人客に売りに行くと言う方法でした。でもほとんどが売れ残り、その売れ残った商品は全て私が処分することになるので休日に店舗に赴き、掃除と片付けを行って居ました。

しかも経営が傾き、給料が支払われなくなり、それが作っている私のせいになり、お金を請求されました。額としては100万程です。その当時私は毎日3時間の睡眠時間、それ以外はほぼ労働で頭が回らず、思考回路が働かなかったので私のせいで会社が傾いた、このままだと借金を背負わせて社長の家族を殺したことになって私が逮捕されると思いお金を渡しました。事実、そのようなことを言われて追いつめられました。

社長夫婦はそのお金で引っ越しをして最新のスマホに買い替え、新しい事務所に移転したそうです。社長は私からお金を受け取ってすぐに借用書を作り、無利息、無期日のうえ、返済猶予は社長夫婦の生活状況による、というような内容で私にサインをさせました。なぜその時、私が抵抗せずにサインを他のかというと、先ほども書いたように過重労働で思考回路が働いてなかったのもあるのですが、毎日のように目の前で癇癪を起した社長が息子を殴ったり蹴ったりしているのを見ていたし、何かあるとすぐに怒鳴り、ものに八あたりし、壊している光景が日常だったので抵抗すると言う考えが浮かばなかったのです。

お金を返すという社長の言葉を信じて私はその後少しの間、その会社で働きましたが、ノイローゼ気味になって自殺しそうになり、家族に勧められて会社を退職しました。少し休んでからすぐに弁護士を雇って社長を訴える準備をして、転職活動をしました。不動産の事務に転職して営業に転身、生活を立て直して現在は食品開発をしています。訴えた時点で社長は逃げる準備をしていたようで結局自己破産して逃げられ、2015年に会社は倒産、2016年まで社長夫婦は賃料の安い部屋に移り住み生活保護を受給していたようです

2017年には自己破産した社長の名義ではなく社長の奥さんの旧姓でまた遺品整理の会社を立ち上げたようでした。おそらくは社長は自己破産後にすぐ離婚して、社長だけが生活保護を受けて奥さんが働きに出て月々30万程の収入を得るようにしていたようだと、未払いの給料を払わせるために動いていた営業の仲間から聞きました。そして2019年、今年の2月に社長の奥さんの旧姓で立ち上げた遺品整理の会社も倒産して、社長の奥さんも自己破産したようです。以前社長を訴えた時に、借用書に連盟で奥さんの名前も書かれていたようで、弁護士事務所から封筒が届き自己破産完了のお知らせという手紙が入っていました。

お金は返ってこなかったけど、もう二度と会社も立ち上げられないと思うし、立ち上げてもやっていけないだろうし、借金ばかり増えて転げ落ちる人生を送るんだろうなと思うと少しスカっとします。

法律に関するトラブルを包括的にサポート

弁護士保険なら日常で起こる様々なトラブルにサポートをすることができます。

法的トラブルには、セクハラ・パワハラ・押し売り・賃貸のトラブル・交通事故etc…

日常で誰でも起こり得る身近な出来事ばかりです。

弁護士保険があれば弁護士を身近に感じ、味方にする事ができる。

弁護士保険はそんな問題を解決することができます。

無料の相談ダイヤルや弁護士費用の補償があり、弁護士を身近に感じて金銭的にも余裕をもって人生を過ごすことができます。

日常の中で様々な悩みを弁護士保険なら法的観点で解決のお手伝いをすることができます。

いま我慢して泣き寝入りしているような事も弁護士に相談すればすんなり解決するかもしれません!

べんほ(弁護士保険)の詳細はこちら

べんほ(弁護士保険)に関する料金や詳しいサービスの説明はこちらからご覧いただく事ができます。

公式ページ資料請求

 

TVCM放映開始!

 

他人事じゃない!あなたの周りのトラブルのお守りにべんほ!

日本では年間、約218万人もの人が法的トラブルに直面しています。※1

これを読んでいるあなたにも充分に法的なトラブルに直面する可能性があるという事です。

実際に相続労働のトラブル等は自分には関係が無いと言えるでしょうか?

そういったトラブルが起こった際の準備はできていますか?

安心してください!

べんほ(弁護士保険)があれば、莫大な弁護士費用をカバーできます!

個人向けのべんほの申し込みは以下のページから可能です。
資料請求も無料で行っておりますのでお気軽にお問合せください。

お申込み資料請求

※こちらは個人向けのべんほのリンクです。

※1 2008年度市民の法的ニーズ調査報告書(日本弁護士連合会)より
※2 ※1及び総務省統計局人口推計(平成27年6月1日現在(概算値))当社試算
※3 ※1及び平成24年交通事故発生状況(警察庁交通局)基に当社算出

募集文書番号: PV2019営推00205