みんなの体験談

職場で上司から生で胸をもまれる?!とんでもないトラブルから身を守れ!

こんにちわ!

今回も皆様からの体験談をご紹介していきます。

上司のセクハラに泣き寝入りしてしまった。

働き始めて2年目のやっと仕事に慣れた頃、猥褻事件が起こりました。

当時、家事や仕事のオーバーワークで睡眠不足が重なり、冷静な判断ができなかったので、泣き寝入りに終わった法的なトラブルです。

常に働いている場所は違ったので、毎日会う訳では無かったのですが、事務処理にやってきては私に偉そうに言いながら背後に立ち、肩を叩く父親と同世代の男性がいました。

最初は年下なので気を遣わなければならないのかと流していたのですが、猥褻をされてからは気持ち悪くて仕方なくなり、精神的に参ってしまいました。

まだ20代で独身だった為、余計にされた事の大きさが体感に残り、顔を見るのも嫌なのにしつこく迫ってくる男性が恐怖でした。

細い割りに大きいでないかと生で胸を揉まれ、ちゅうちゅう頭を吸われたり、抱き締められたりしました。私は職場には仕事をしに行っているので、服の乱れなど一切無いパンツスタイルでしか行った事がありませんでした。

それでも後ろから指を入れて来るので、意味がわからず、呆気に取られてしまったり、悪寒を感じてしまいました。交際を申し込まれて同意した訳でもないのに一方的に執着され、上から目線で評価してくる最悪な状況に置かれていました。

その職場には独身女性があまりいなかったので、言いなりにしやすい私を自分の奴隷にできると勘違いされたのかもしれません。

私の机の中や私物も勝手に漁られていたり、高額なお金で全面的に養ってあげている奥さんに対する旦那さんでも取ってはいけないような態度を私に向け続けてきました。

気持ち悪さで、早めに行っていた職場にもギリギリで行くようになり、呪いでも掛かっているかのような体のだるさが現れ始めました。

他人に言って周知の事実になるのが気持ち悪いし、周りの他人の反応もどんなものかが不安で3か月程、上司への報告が遅れてしまいました。

猥褻に遇った事を家族や友人に相談するのも生まれて初めてで、想像より自分か女性である事を感じて気持ち悪かったです。

心配してくれる他人もいましたが、私にそんな事をする訳がないと思う他人や女を出していると思われる事も多く、無駄に傷付きました。

15kg以上体重を増やして猥褻から逃れようとしたのですが、相手の興味はただのストレス発散になっており、変わりませんでした。

最後の手段として、仕方なく、他人に言ったのが間違いだったのかと思う程、猥褻された側には損しかありません。メリットはたった一つ、誰がまともな他人なのかが見えてくるだけです。自分自身は立てなくなってしまうものだと体感しました。

1年くらい鬱病になって、他人が信じられなくなりました。衝撃が強過ぎて、猥褻されて直ぐに訴えるのは無理でした。

法律に関するトラブルを包括的にサポート

弁護士保険なら日常で起こる様々なトラブルにサポートをすることができます。

法的トラブルには、セクハラ・パワハラ・押し売り・賃貸のトラブル・交通事故etc…

日常で誰でも起こり得る身近な出来事ばかりです。

弁護士保険があれば弁護士を身近に感じ、味方にする事ができる。

弁護士保険はそんな問題を解決することができます。

無料の相談ダイヤルや弁護士費用の補償があり、弁護士を身近に感じて金銭的にも余裕をもって人生を過ごすことができます。

日常の中で様々な悩みを弁護士保険なら法的観点で解決のお手伝いをすることができます。

いま我慢して泣き寝入りしているような事も弁護士に相談すればすんなり解決するかもしれません!

べんほ(弁護士保険)の詳細はこちら

べんほ(弁護士保険)に関する料金や詳しいサービスの説明はこちらからご覧いただく事ができます。

公式ページ資料請求

TVCM放映開始!

 

他人事じゃない!あなたの周りのトラブルのお守りにべんほ!

日本では年間、約218万人もの人が法的トラブルに直面しています。※1

これを読んでいるあなたにも充分に法的なトラブルに直面する可能性があるという事です。

実際に相続労働のトラブル等は自分には関係が無いと言えるでしょうか?

そういったトラブルが起こった際の準備はできていますか?

安心してください!

べんほ(弁護士保険)があれば、莫大な弁護士費用をカバーできます!

個人向けのべんほの申し込みは以下のページから可能です。
資料請求も無料で行っておりますのでお気軽にお問合せください。

お申込み資料請求

※こちらは個人向けのべんほのリンクです。

※1 2008年度市民の法的ニーズ調査報告書(日本弁護士連合会)より
※2 ※1及び総務省統計局人口推計(平成27年6月1日現在(概算値))当社試算
※3 ※1及び平成24年交通事故発生状況(警察庁交通局)基に当社算出

募集文書番号: PV2019営推00205