みんなの体験談

給料を2か月も払ってくれない!きちんと請求するには?

今回も投稿者の記事をご紹介していきます。

給料を払ってくれない

私の夫の話です。現在私の夫はパワハラにあっています。

パワハラと言うのは給料を2カ月間滞納されていると言うことです。

夫の稼ぎで食べていかないといけませんので現在は知り合いのところでアルバイトをさせて頂いています。

どうしてパワハラが始まってしまったのかと言いますと勤めていました会社の社長は会社にも出勤せず女性関係が豊富で会社の上司と言うには至らない部分が多かったそうです。

それを会社のパソコンのネットに悪口を書き込んでしまいました。夫もお酒を飲みに行った酔った勢いで書き込んでしまったそうです。

労働監督局に相談したところ残業代も請求できるそうです。

労働監督局から会社に言って頂きました。
社長からのお言葉で悪口をネットに書き込んだので1銭も払いたくないと言うことでした。私は大の大人なのにお互いに何をやっているんだろうと思ってしまいました。

子供の喧嘩のようになっているのです。現在は裁判所に来るように求めています。

まさか裁判沙汰になるとは思いもしませんでした。
私が思いましたのは夫が悪いなと思います。
会社の社長も悪い部分があったかもしれませんが、こちらは使われている身分ですので会社に反してはダメだと思いました。

いくらできの悪いとんでもない社長さんでもこちらが使われている身分ですので言うことを聞かないとダメだと思います。
そういった部分では夫は大人げない部分があります。
会社のパソコンに書き込みをするなんて皆さんが見るに決まっています。
そういったことを考えられないのは夫の落ち度だと思います。

入社したばかりの頃は色々と待遇も良かったです。今では転落人生だねと話しています。

今我が家は借金中です。2ヶ月も給料が出ませんでしたので消費者金融からお金を借りています。

労働監督局に相談しましたら消費者金融から借りた分の利息も請求できるそうです。

利息と滞納した分で現在145万円の請求をしています。
でも向こうが承諾しない限りは満額は取れませんので半分取れると考えておいて下さいと言われました。

裁判をかけてから給料の受け取りをするまで数カ月はかかるそうです。

その間も消費者金融は利息利息がかかっています。

利息も全て頂きたいのですが向こうの出方で話は変わってきてしまいます。

でもどんなに嫌な人間でも給料はきちんと支払わなければいけないそうです。

それは会社の社長としての義務だそうです。どの会社もそれだけはしないといけないそうです。

法律に関するトラブルを包括的にサポート

弁護士保険なら日常で起こる様々なトラブルにサポートをすることができます。

法的トラブルには、セクハラ・パワハラ・押し売り・賃貸のトラブル・交通事故etc…

日常で誰でも起こり得る身近な出来事ばかりです。

弁護士保険があれば弁護士を身近に感じ、味方にする事ができる。

弁護士保険はそんな問題を解決することができます。

無料の相談ダイヤルや弁護士費用の補償があり、弁護士を身近に感じて金銭的にも余裕をもって人生を過ごすことができます。

日常の中で様々な悩みを弁護士保険なら法的観点で解決のお手伝いをすることができます。

いま我慢して泣き寝入りしているような事も弁護士に相談すればすんなり解決するかもしれません!

べんほ(弁護士保険)の詳細はこちら

べんほ(弁護士保険)に関する料金や詳しいサービスの説明はこちらからご覧いただく事ができます。

公式ページ資料請求

TVCM放映開始!

 

他人事じゃない!あなたの周りのトラブルのお守りにべんほ!

日本では年間、約218万人もの人が法的トラブルに直面しています。※1

これを読んでいるあなたにも充分に法的なトラブルに直面する可能性があるという事です。

実際に相続労働のトラブル等は自分には関係が無いと言えるでしょうか?

そういったトラブルが起こった際の準備はできていますか?

安心してください!

べんほ(弁護士保険)があれば、莫大な弁護士費用をカバーできます!

個人向けのべんほの申し込みは以下のページから可能です。
資料請求も無料で行っておりますのでお気軽にお問合せください。

お申込み資料請求

※こちらは個人向けのべんほのリンクです。

※1 2008年度市民の法的ニーズ調査報告書(日本弁護士連合会)より
※2 ※1及び総務省統計局人口推計(平成27年6月1日現在(概算値))当社試算
※3 ※1及び平成24年交通事故発生状況(警察庁交通局)基に当社算出

募集文書番号: PV2019営推00205