みんなの体験談

育児休暇も取れない会社なんて。。。退職を迫られたら?

こんにちわ!

今回も読者からの体験談のご紹介をしていきます。

育児休暇中のパワハラ。

育児休暇中に、パワハラを受け、その後退職干渉がありました。

育児休暇中に、職場が移転になりましたが、人事部から自分には、いつ、どこに移転になったかも知らされず、同僚との連絡で知りました。

休暇中に、子供を連れて挨拶に行きがてら、復帰後の事を軽く相談する慣習があるのですが、何度日程の打診をしても断られました。

この頃から、なんとなく、戻ってきてもらいたくないのかなと感じていました。
育休があけるころ、保育園が決まり、その連絡と復帰日の相談をしましたが、回答がなく(通常はその日に連絡がくる環境です)、電話しても、「またこちらから連絡します。」のみ。

数日後に、どんな仕事がしたいか?と、なぞの質問だけが来ました。
これは、復帰できない可能性もあるかも。と不安に思っていると、電話で、「辞めてもらえないか」と言われました。

同じく育休中の同僚に連絡すると、自分以外に三人同じ連絡が来ていました。
保育園の慣らし保育も始まっていて、送り迎えについて、夫の職場との調整も済んでいます。そこで急に辞めろと言われても。

途方にくれましたが、幸い、自分一人ではなかったので、四人で会社と相談することにしました。
質問があれば受け付けると言われましたので、
・これは育休斬りなのか?
・自分が辞めないといけないのはなぜなのか?
と聞きましたが、外資系なので、本社に聞くと言われ、時間がかかり、回答もないのに、「少し退職金を上積みするので辞めてもらえないか」ときかれ、全く噛み合いませんでした。

こちらからは、辞めるならば、更なる退職金の要求と、就職活動期間を退職迄に持たせてもらいたい。駄目なら辞めたくない。と回答しました。
すると、突然弁護士を立てられ、弁護士とのみ交渉してもらいたいと言われました。交渉も、こちらが弁護士事務所に出向きました。
「今の条件以上のものは出せないので、後1週間で結論を出せ」と一方的なものでした。
区の労働相談所に行き、会社に調査の電話をしてもらうと、態度が軟化し、もう一度話し合いの場が持たれました。

しかしやはり弁護士のみで、最後まで会社の人には会えませんでした。
こちらは四人もいるので、要求が通らないなら、嫌がらせされても、頑張って残ろうと決めていましたが、弁護士は、脅しだと思ったのか、その日の話し合いでは、復帰と決まりました。

しかし3日後、要求を受けるので、辞めてくれと言われました。
最後まで誠意のないやり方に頭に来ましたが、退職することにしました。

後でわかったのは、事業縮小でリストラが必要だったので、日本の人事部の仲の良い人のみ残して、それ以外を退職ち追い込んだということでした。退職メンバーについては、本社は不介入でした。

泣き寝入りしないためにも。。。

弁護士保険なら日常で起こる様々なトラブルにサポートをすることができます。

法的トラブルには、セクハラ・パワハラ・押し売り・賃貸のトラブル・交通事故etc…

日常で誰でも起こり得る身近な出来事ばかりです。

弁護士保険があれば弁護士を身近に感じ、味方にする事ができる。

弁護士保険はそんな問題を解決することができます。

無料の相談ダイヤルや弁護士費用の補償があり、弁護士を身近に感じて金銭的にも余裕をもって人生を過ごすことができます。

日常の中で様々な悩みを弁護士保険なら法的観点で解決のお手伝いをすることができます。

いま我慢して泣き寝入りしているような事も弁護士に相談すればすんなり解決するかもしれません!

べんほ(弁護士保険)の詳細はこちら

べんほ(弁護士保険)に関する料金や詳しいサービスの説明はこちらからご覧いただく事ができます。

公式ページ資料請求

 

TVCM放映開始!

 

他人事じゃない!あなたの周りのトラブルのお守りにべんほ!

日本では年間、約218万人もの人が法的トラブルに直面しています。※1

これを読んでいるあなたにも充分に法的なトラブルに直面する可能性があるという事です。

実際に相続労働のトラブル等は自分には関係が無いと言えるでしょうか?

そういったトラブルが起こった際の準備はできていますか?

安心してください!

べんほ(弁護士保険)があれば、莫大な弁護士費用をカバーできます!

個人向けのべんほの申し込みは以下のページから可能です。
資料請求も無料で行っておりますのでお気軽にお問合せください。

お申込み資料請求

※こちらは個人向けのべんほのリンクです。

※1 2008年度市民の法的ニーズ調査報告書(日本弁護士連合会)より
※2 ※1及び総務省統計局人口推計(平成27年6月1日現在(概算値))当社試算
※3 ※1及び平成24年交通事故発生状況(警察庁交通局)基に当社算出

募集文書番号: PV2019営推00205