みんなの体験談

辛い介護を一人でやっていたのに。。。遺産相続のトラブル

今回も読者からの投稿記事を掲載していきます。

相続に関するトラブル

私の祖母の介護と遺産相続に関するトラブルについてのお話です。
祖母は大正生まれで、第二次世界大戦時に4人の子供たちの子育てをしていました。
それから間もなくして、旦那さん(私の祖父です)が事故で亡くなり、残された子供たちを一人で育て上げました。
その時代には多くの人がそうだったように、懸命に働いたそうです。
そして、孫である私が物心ついた頃には、お金持ちのおばあちゃんという印象の人でした。
4人の子供たちが自立した後は、所外独身だった祖母は一人暮らしをしていました。
池のある庭に、好きな花や木を植えて悠々自適な生活だったようです。
アパート経営や貸店舗など数件を持っていました。

体が丈夫で、医者にいくことがなかった祖母も70歳を過ぎた頃、癌にかかってしまいます。

今まで人に頼らず、干渉されず生活していた祖母も、手術に入院生活となれば誰かがお世話をしなければなりません。
それも仕事をしながらではとても無理です。
この時、最初の入院時から介護をしたのが私の母でした。

母は4人兄弟の長女で、一人兄がいました。あと2人は妹です。
私が中学生の終わり頃のことでしたが、祖母の緊急な入院となりました。
祖母の退院後のことや、その後の通院のことを考えると、祖母と同居する人間が必要となります。
この時、母が面倒をみることになり、私たち家族は祖母の家へ引っ越しすることとなりました。
父は温厚なタイプの人ですので、特に異を唱えることはなく引っ越してくれました。

ただ面倒を見るのは母で、地元の大学病院へ入院していた祖母のところへ毎日通い、朝早くから夕方まで付き添い介護をしていました。
私と妹は、母が家事をできない分不便な思いをしましたが、学業と部活、家の手伝いをできるだけやりました。

祖母の最初の手術から約2年半を過ぎたころ、余命がそう長くないとの宣告を医師から受けます。
この宣告から時を待たずして、母の下の妹が祖母を入院中の病院から連れ出し、自分の地元の病院へ転院させてしまうのです。
癌の痛みや薬の副作用などで、認知力がかなり落ちていた祖母には、状況を正しく判断することができなかったと思います。

母の妹(叔母)に言われるまま転院し、数か月した頃祖母が亡くなったとの連絡を受けるのです。
この悲しみに暮れると同時に、遺産相続の問題が発生します。
祖母の持つアパートや店舗、土地に預金などを叔母が相続する、という内容の遺言がなされていたのです。

当然、母に遺留分がありますし、一人で介護を続けたという事実もあります。
法的な争えば、よかったのだと思います。
当時高校生になっていた私は、両親に訴訟をしよう、と何度か頼みました。
しかし、父も母も争いが嫌いな人間ですので、頑として請け合ってはくれませんでした。

そして祖母の死から二か月後に、住んでいた祖母の家から出ていくことになるのです。
相続は1円もなく、突然家を追われるという状況に、私は憤りと悲しみで両親を罵倒しました。
その時は。

あれから、30年が経ちます。
両親は今も健在で、夫婦でそれなりに楽しく暮らしています。
私もかわいい愛犬と主人と一緒の暮らしに満足しており、あの時の決断もありかな、と持っています。

法律に関するトラブルを包括的にサポート

弁護士保険なら日常で起こる様々なトラブルにサポートをすることができます。

法的トラブルには、セクハラ・パワハラ・押し売り・賃貸のトラブル・交通事故etc…

日常で誰でも起こり得る身近な出来事ばかりです。

弁護士保険があれば弁護士を身近に感じ、味方にする事ができる。

弁護士保険はそんな問題を解決することができます。

無料の相談ダイヤルや弁護士費用の補償があり、弁護士を身近に感じて金銭的にも余裕をもって人生を過ごすことができます。

日常の中で様々な悩みを弁護士保険なら法的観点で解決のお手伝いをすることができます。

いま我慢して泣き寝入りしているような事も弁護士に相談すればすんなり解決するかもしれません!

べんほ(弁護士保険)の詳細はこちら

べんほ(弁護士保険)に関する料金や詳しいサービスの説明はこちらからご覧いただく事ができます。

公式ページ資料請求

TVCM放映開始!

 

他人事じゃない!あなたの周りのトラブルのお守りにべんほ!

日本では年間、約218万人もの人が法的トラブルに直面しています。※1

これを読んでいるあなたにも充分に法的なトラブルに直面する可能性があるという事です。

実際に相続労働のトラブル等は自分には関係が無いと言えるでしょうか?

そういったトラブルが起こった際の準備はできていますか?

安心してください!

べんほ(弁護士保険)があれば、莫大な弁護士費用をカバーできます!

個人向けのべんほの申し込みは以下のページから可能です。
資料請求も無料で行っておりますのでお気軽にお問合せください。

お申込み資料請求

※こちらは個人向けのべんほのリンクです。

※1 2008年度市民の法的ニーズ調査報告書(日本弁護士連合会)より
※2 ※1及び総務省統計局人口推計(平成27年6月1日現在(概算値))当社試算
※3 ※1及び平成24年交通事故発生状況(警察庁交通局)基に当社算出

募集文書番号: PV2019営推00205