みんなの体験談

騒音トラブルで泣き寝入り?!弁護士保険があれば。

今回も読者からの体験談をご紹介していきたいと思います。

今回のかたはご近所さんの騒音に悩むかたからの投稿です。

下の階の住人が意図的に騒音を立てている。

私が一人暮らしをしていたころの話です。
私は2階建ての2階のアパートに住んでいましたが、下の1階のおばさんが実に厄介な方でした。

週一以外はほとんど家にいらっしゃるようで、物音がするのですが、こちらが何か落としてしまったり洗濯機を回していると不快に思うのか杖のような、何か尖ったもので床をドンドンと叩かれました。

最初は何だろうこの音は?と不思議にしか思いませんでしたが、それが何度も続きだんだんと音を鳴らさないようにするにはどうしたらいいのかと無駄に神経を使っている自分がいました。音を吸収してもらえるようにとマットを床に敷き詰めて移動していました。
そのうち彼と一緒になるようになったとき、彼が下の人について気になり始めました。ドアを閉める音や窓を開け閉めする音がやけに大きい、下の人は何なんだ?と言うようになりました。

私もすごく不満だったし本人に言いたかったのですが、このご時世ご近所トラブルで何か逆恨みされたら殺されることもあり得ます。それが嫌だったのでいえずにいました。

とりあえず管理会社に電話してもらって騒音の注意喚起をアパート全体にしていただきました。これで少しはひるむだろうと思っていましたが、私の考えは甘かったようで…数日経てばまたすぐに大きな音が聞こえてきました。

たまに外でばったり会えばジーッとこちらを見てきて、気味が悪かったです。

何度注意喚起をしてもらってもダメだったので、直接本人へ忠告してもらいました。しかし管理会社からの返答は、本人は自覚がないようでわかりません知りませんの一点張りということでした。

しかし、管理会社さんの話だと両サイドのアパートの方からも電話が来ているので確実に本人がやっているのではと思っている、とのことでした。
見えないことなので確信がつかめず悔しい思いはしましたが、理解してくれている、迷惑している人が他にもいると思ったら少し気が楽になりました。

そのあと転勤の話が出て1ヶ月後にはそのアパートを出て行ったので、もう悩むこともなくなり新しいアパートで悠々自適な生活を送っております。

たまたま迷惑な人にあたってしまったんだと今は思えますが、その当時は病むのではないか?と思うくらい辛い状況が続きました。

私はおばさんが怖かったので法的措置はとりませんでしたが、もしずっと住むことが分かっている方たちからしたらたまらない案件だと思うので全然法的措置をとってもいいと思います。

法律に関するトラブルを包括的にサポート

弁護士保険なら日常で起こる様々なトラブルにサポートをすることができます。

法的トラブルには、セクハラ・パワハラ・押し売り・賃貸のトラブル・交通事故etc…

日常で誰でも起こり得る身近な出来事ばかりです。

弁護士保険があれば弁護士を身近に感じ、味方にする事ができる。

弁護士保険はそんな問題を解決することができます。

無料の相談ダイヤルや弁護士費用の補償があり、弁護士を身近に感じて金銭的にも余裕をもって人生を過ごすことができます。

日常の中で様々な悩みを弁護士保険なら法的観点で解決のお手伝いをすることができます。

いま我慢して泣き寝入りしているような事も弁護士に相談すればすんなり解決するかもしれません!

べんほ(弁護士保険)の詳細はこちら

べんほ(弁護士保険)に関する料金や詳しいサービスの説明はこちらからご覧いただく事ができます。

公式ページ資料請求

 

TVCM放映開始!

 

他人事じゃない!あなたの周りのトラブルのお守りにべんほ!

日本では年間、約218万人もの人が法的トラブルに直面しています。※1

これを読んでいるあなたにも充分に法的なトラブルに直面する可能性があるという事です。

実際に相続労働のトラブル等は自分には関係が無いと言えるでしょうか?

そういったトラブルが起こった際の準備はできていますか?

安心してください!

べんほ(弁護士保険)があれば、莫大な弁護士費用をカバーできます!

個人向けのべんほの申し込みは以下のページから可能です。
資料請求も無料で行っておりますのでお気軽にお問合せください。

お申込み資料請求

※こちらは個人向けのべんほのリンクです。

※1 2008年度市民の法的ニーズ調査報告書(日本弁護士連合会)より
※2 ※1及び総務省統計局人口推計(平成27年6月1日現在(概算値))当社試算
※3 ※1及び平成24年交通事故発生状況(警察庁交通局)基に当社算出

募集文書番号: PV2019営推00205