みんなの体験談

ブラック企業に勤めてしまった。あなたはどうする?

今回は皆様からの法的なトラブルの体験談を紹介していきたいと思います!

今回の投稿はパワハラに負けずに自分の生き方を見つけた方からの投稿です。
このシリーズの趣旨とは少し外れますが、面白い投稿だったので掲載させて頂きます。

パワハラに負けずに自分の生き方を見つける

僕は今、本業でしている造園屋さんで俗に言うパワハラを受けています。
パワハラと社会的な地位の強い者(政治家、会社社長、上司、役員、大学教授など)による、「自らの権力(パワーハラスメント)や立場を利用した嫌がらせ」のことを言います。
僕が、パワハラと感じたことは丸一日、休みがなくなぜ、休み時間が無いかと問うと
「俺、タバコ吸わんし、腹も空かないし、休憩している時間が無駄や」と言っていました。
僕はタバコも吸うし、お腹も空きます。
それに、力仕事は一番若い僕の仕事です。
正直、社長より僕の方が体は疲れるし体力もなくなってきます。
なのに社長という立ち位置にいて自分が中心だと思っているせいか休憩が一切ありません。
他には1日の労働時間(8時間)というのも全くの無視で11時間、12時間はあたりまえ
その割には残業手当もなく資格もっているのにそれに対しての手当もありません。
一月の休みは1日から2日それも社長が家にいても、暇だしする事がないという理由で。
仕事中怒られる時も殴られたり、蹴られたりはあたりまえ、帰りは何故か毎日家まで送り迎えをさせられています
毎日僕はこのパワハラに耐えてきました。
ここまでが僕の受けたパワハラの実体験です。
でも、これだけを聞くと
みなさんは
「めっちゃブラックやん」
「パワハラえぐすぎやん?」
と口を揃えて言いますが、当時俗に言う「パワハラ」なんて言葉もなく最近になってでてきた言葉にあやかってパワハラだパワハラだと騒ぐのは正直どうなの?
という疑問があります。
僕はこの会社で働いていて働いている当時は毎日がいやで、辞めたくて、生きるために仕事をしているのか。と疑問に思う毎日でした。
でも、自分で独立して思ったことがあります。
毎日休憩もなく毎月休みもほとんどない会社だったのが急遽に自分の意思で全てが出来るようになりとても、楽だと感じるようになりました。
今の人たちは目先の事しか見ず
今がこうだからしんどい毎日なんのために仕事をしているかわからない。
といった事に悩まされ続け生活していると思います。
でも、見る方向を少し変えてみれば世界は180°変わります。
今、しんどい
今、辞めたい
と思うのではなく
今、しんどいけどこれを乗り越えれば
今、辞めたいけど続ける事に意味がある
など語尾に「けど」を付けるようにしましょう。
するとだんだんと先の事が見えてきて肩の荷が降りた感じがします。
いま、パワハラを受けているみなさん。
その経験は必ずしもマイナスとは限りません。
いま、しんどい思いをしているみなさんそれ以上のしんどい事はこの先起こりません。
全てが自分のためになりそれを乗り越えた時に一皮むけるのです。
その経験は絶対に無駄な事じゃないです。
1度自分が決めた会社。
もう少し頑張ってそれを乗り越えましょう。

いろんな境遇の方の為の弁護士保険

今回の投稿者の方はとてもパワフルな方でパワハラにも負けずに自分の力で道を切り開いていかれたようですね!

素晴らしい事ですが、みんながみんなそんな事をマネできるわけでは無いのが現実です。

いろんな環境や境遇の方がいます。

そんな方の為にあるのが弁護士保険です。

法律に関するトラブルを包括的にサポート

弁護士保険なら日常で起こる様々なトラブルにサポートをすることができます。

法的トラブルには、セクハラ・パワハラ・押し売り・賃貸のトラブル・交通事故etc…

日常で誰でも起こり得る身近な出来事ばかりです。

弁護士保険があれば弁護士を身近に感じ、味方にする事ができる。

弁護士保険はそんな問題を解決することができます。

無料の相談ダイヤルや弁護士費用の補償があり、弁護士を身近に感じて金銭的にも余裕をもって人生を過ごすことができます。

日常の中で様々な悩みを弁護士保険なら法的観点で解決のお手伝いをすることができます。

いま我慢して泣き寝入りしているような事も弁護士に相談すればすんなり解決するかもしれません!

べんほ(弁護士保険)の詳細はこちら

べんほ(弁護士保険)に関する料金や詳しいサービスの説明はこちらからご覧いただく事ができます。

公式ページ資料請求

TVCM放映開始!

 

他人事じゃない!あなたの周りのトラブルのお守りにべんほ!

日本では年間、約218万人もの人が法的トラブルに直面しています。※1

これを読んでいるあなたにも充分に法的なトラブルに直面する可能性があるという事です。

実際に相続労働のトラブル等は自分には関係が無いと言えるでしょうか?

そういったトラブルが起こった際の準備はできていますか?

安心してください!

べんほ(弁護士保険)があれば、莫大な弁護士費用をカバーできます!

個人向けのべんほの申し込みは以下のページから可能です。
資料請求も無料で行っておりますのでお気軽にお問合せください。

お申込み資料請求

※こちらは個人向けのべんほのリンクです。

※1 2008年度市民の法的ニーズ調査報告書(日本弁護士連合会)より
※2 ※1及び総務省統計局人口推計(平成27年6月1日現在(概算値))当社試算
※3 ※1及び平成24年交通事故発生状況(警察庁交通局)基に当社算出

募集文書番号: PV2019営推00205