みんなの体験談

夫が不倫をして子供を作っていた。その時あなたはどうする?

今回も読者からの投稿記事のご紹介です。

今回は夫に不倫をされてしまった方からの投稿です。

夫が他所で子供を作ってきた

結婚して10年目に、旦那の浮気が発覚しました。結婚当初から、浮気癖がひどくて、小さい遊び程度なら目をつぶってきました。
しかし、今回のはレベルが違いました。
相手は、クラブホステスさんですでに、妊娠六ヶ月でした。
相手の女性が、我が家に乗り込んできて、全てが発覚しました。
主人は、女性に、妻子持ちをかくして、付き合っていたそうで、女性には、結婚してほしいといっていたそうです。

女性の妊娠がわかり、主人は、お腹のこが、四ヶ月になったら籍をいれようといっていたそうですが、妊娠六ヶ月になり、籍をいれてくれない女性が不安になり、慌てて我が家の住所を主人の会社から聞き出して、乗り込んできた感じです。
私は、怒り狂い、主人を責めましたが、主人はお前が悪い、お前のせいで俺は浮気してしまったんだと、罵声を私に浴びせるばかりでした。私は、子供達をつれて、実家に帰りました。相手の女性と電話して話し合いました。

私は離婚してもいいです。ですが、慰謝料を払って下さいとお願いしました。すると女性は、怒りをあらわにし、私にいいました。騙されて、私は妊娠までさせられた。慰謝料が欲しいのはこっちだと怒鳴り散らかしました。私は、主人のお酒くせ、女癖の悪さにうんざりしていたし、疲れきっていたので、もう、早く離婚したかったので、多少お金はかかるけど、弁護士をつけることにしました。弁護士さんに相談していきさつを話しました。相手の女性も、主人から騙されて、いたのなら、慰謝料はむずかしいかもとのことでした。私が個人的に相手の女性に慰謝料を請求すると、相手の女性が主人を訴えて、主人に慰謝料を請求したら、奥さまに払うお金が御主人がなくなる可能性があるから、相手の女性にはもう慰謝料の請求はやめましょうと言われました。主人は、やけに、開き直り、俺にも生活があるから、養育費は月10万しか払わないというばかりでした。2018年に産まれたばかりの子供をいれて三人の子供を引き取り生活するのには、やはりお金がいります。月15万は、私はほしいでしたが、主人が10万しか無理といいつづけるばかりです。
主人は、借金ありの、貯金なしなので、弁護士さんにも、ないところからどうやってもお金は取れないだろうと・。

相手の女性からは、結局、慰謝料はとれませんでした。主人は、離婚届けはいつだすのか?早くだしてくれ、養育費は10万払うから、お前も早く母子手当てがほしいだろ?と鬼のような言葉を私に言いにきました。私は、子供たちのために、なかなか踏ん切りがつきませんでしたが、弁護士さんも、怒り、悲しみがありますが、どこかで、折り合いをつけなきゃならないからと言われました。
離婚協議書たるもので、養育費を毎月この日に払います。下の子が成人を迎えるまでときっちり作成してもらいました。
ですが、途中から養育費を払わない人も多いという現実も聞きました。
母子家庭で、不安はありますが、私がしっかり働き、子供達を幸せにしたいです。

法律に関するトラブルを包括的にサポート

弁護士保険なら日常で起こる様々なトラブルにサポートをすることができます。

法的トラブルには、セクハラ・パワハラ・押し売り・賃貸のトラブル・交通事故etc…

日常で誰でも起こり得る身近な出来事ばかりです。

弁護士保険があれば弁護士を身近に感じ、味方にする事ができる。

弁護士保険はそんな問題を解決することができます。

無料の相談ダイヤルや弁護士費用の補償があり、弁護士を身近に感じて金銭的にも余裕をもって人生を過ごすことができます。

日常の中で様々な悩みを弁護士保険なら法的観点で解決のお手伝いをすることができます。

いま我慢して泣き寝入りしているような事も弁護士に相談すればすんなり解決するかもしれません!

べんほ(弁護士保険)の詳細はこちら

べんほ(弁護士保険)に関する料金や詳しいサービスの説明はこちらからご覧いただく事ができます。

公式ページ資料請求

TVCM放映開始!

 

他人事じゃない!あなたの周りのトラブルのお守りにべんほ!

日本では年間、約218万人もの人が法的トラブルに直面しています。※1

これを読んでいるあなたにも充分に法的なトラブルに直面する可能性があるという事です。

実際に相続労働のトラブル等は自分には関係が無いと言えるでしょうか?

そういったトラブルが起こった際の準備はできていますか?

安心してください!

べんほ(弁護士保険)があれば、莫大な弁護士費用をカバーできます!

個人向けのべんほの申し込みは以下のページから可能です。
資料請求も無料で行っておりますのでお気軽にお問合せください。

お申込み資料請求

※こちらは個人向けのべんほのリンクです。

※1 2008年度市民の法的ニーズ調査報告書(日本弁護士連合会)より
※2 ※1及び総務省統計局人口推計(平成27年6月1日現在(概算値))当社試算
※3 ※1及び平成24年交通事故発生状況(警察庁交通局)基に当社算出

募集文書番号: PV2019営推00205