みんなの体験談

不倫にまつわる悲しいエピソード。不倫に明るい未来はまってない。

今回の体験談は不倫を経験された方からの投稿です。

不倫に関するエピソード

私の体験した不倫の話です。

20代の半ば、友人の結婚式の2次会の幹事を頼まれました。
私は新婦側の幹事で、不倫相手は新郎側の幹事の中の1人でした。
幹事は全員で5人いたのですが、初めての顔合わせからみんな意気投合して、打ち合わせの時間が本当に楽しい時間になっていきました。
打ち合わせの日以外にもみんなで集まるようになり、飲みに行ったり、ファミレスで何時間も話し込んだりしていました。
彼は、頭も良くて、話も面白く、なんと言っても笑顔が素敵でした。
そんな彼に日に日に惹かれていき、2人で連絡を取るようになり、2人で会うようになりました。
私は主人と保育園に通う息子が1人、彼には妊娠中の奥さんがいました。
体の関係を持つようになり、もう彼と一緒になることしか考えられませんでした。
最初は誰にもバレないようにこっそり会っていたのですが、だんだんと大胆になり休日に2人でデートするまでになっていました。
彼は草野球チームに入っていたので、その試合に駆けつけたり、お弁当を作って行ったりしていたので、周囲にもバレバレといった感じでした。
周りの友人にもバレ出して、みんなに反対されました。
お互いの相手にバレる前にやめなさい、未来はないと。。。
しかし、私は運命の相手を見つけたと疑わなかったので、周りの声に耳を傾けることをせず、突っ走ってしまいました。
子供の事はもちろん可愛いので、彼と一緒に大切に育ていこうと考えていました。
しかし結果的に子供をないがしろにしてしまったのも事実です。
彼と休日デートに行く時間や、平日の夜一緒にいる時間は子供をほったらかしにしていました。
今考えれば本当にかわいそうな事をしてしまったと、後悔しています。
そのうちにお互いの相手にもバレてしまうことになり、私は主人と離婚の話を始めました。
しかし主人は、私に「お前を楽にするわけにはいかない。このまま婚姻関係を続けて、一生償わせてやる。」と言われ、離婚には応じてもらえませんでした。
彼の奥さんにもバレてしまい、慰謝料を請求されそうになりました。
弁護士さんに相談していると言われ、100万円ほど請求されそうになりました。
しかし彼がなんとか説得してくれて、奥さんも私達が別れる事を条件に、私は慰謝料を支払わなくて済むことになりました。
そして、私は彼に説得され、結局私達は別れることになりました。
そもそも彼には、私と一緒になる気などさらさらなかったようです。
私は都合のいい女でしかなかったのです。
本気だったのは私だけ。
別れた後も彼の事が忘れられず、ずっと苦しい思いをしてきましたが、なんとか時間が解決してくれています。
主人とはハッキリ言ってうまくいってるとは言えませんが、子供のために一生懸命働いてくれています。
そのことには感謝です。
一生許さないと言われて一緒に暮らしてくのは本当に辛いですが、私が蒔いた種です。
子供のためにも一生かけて償っていこうと思います。

法律に関するトラブルを包括的にサポート

弁護士保険なら日常で起こる様々なトラブルにサポートをすることができます。

法的トラブルには、セクハラ・パワハラ・押し売り・賃貸のトラブル・交通事故etc…

日常で誰でも起こり得る身近な出来事ばかりです。

弁護士保険があれば弁護士を身近に感じ、味方にする事ができる。

弁護士保険はそんな問題を解決することができます。

無料の相談ダイヤルや弁護士費用の補償があり、弁護士を身近に感じて金銭的にも余裕をもって人生を過ごすことができます。

日常の中で様々な悩みを弁護士保険なら法的観点で解決のお手伝いをすることができます。

いま我慢して泣き寝入りしているような事も弁護士に相談すればすんなり解決するかもしれません!

べんほ(弁護士保険)の詳細はこちら

べんほ(弁護士保険)に関する料金や詳しいサービスの説明はこちらからご覧いただく事ができます。

公式ページ資料請求

TVCM放映開始!

 

他人事じゃない!あなたの周りのトラブルのお守りにべんほ!

日本では年間、約218万人もの人が法的トラブルに直面しています。※1

これを読んでいるあなたにも充分に法的なトラブルに直面する可能性があるという事です。

実際に相続労働のトラブル等は自分には関係が無いと言えるでしょうか?

そういったトラブルが起こった際の準備はできていますか?

安心してください!

べんほ(弁護士保険)があれば、莫大な弁護士費用をカバーできます!

個人向けのべんほの申し込みは以下のページから可能です。
資料請求も無料で行っておりますのでお気軽にお問合せください。

お申込み資料請求

※こちらは個人向けのべんほのリンクです。

※1 2008年度市民の法的ニーズ調査報告書(日本弁護士連合会)より
※2 ※1及び総務省統計局人口推計(平成27年6月1日現在(概算値))当社試算
※3 ※1及び平成24年交通事故発生状況(警察庁交通局)基に当社算出

募集文書番号: PV2019営推00205