みんなの体験談

大学教授による嫌がらせ。相談できる相手はいますか?

今回も皆様からの体験談の紹介をしていきます。

今回の投稿者の方は、大学時代に教授から嫌がらせを受けた方です。

教授に明らかな嫌がらせを受けてしまった

私は大学時代に教授によるパワーハラスメントを経験しました。

今思えば、私の行動が教授のパワハラの引き金になったようです。
その教授のある授業で体調が急に悪くなったことがあります(おそらく生理中のための腹痛と気分不良)。広い講堂で行っていた、受講者50人ほどの授業であり、皆静かに教授の話を聞いていたため、隣席の友人に授業後私が気分不良で退席したことを報告してもらうよう託けて、後ろの出入り口から静かに退室しようとしました(授業中の入室・退室は禁止されていません)。すると教授は「おい、そこのうろついている子。席に戻りなさい。(マイク)」と私に言いました。
教壇は前方で離れており、体調不良を地声で説明しても聞こえなさそうだったため、私は席に戻りました。(友人いわく、誰が見ても顔が真っ青で、お腹をおさえる仕草もしているため体調不良だとはわかりそうだったとのことです)席に戻った後、教授は「最近の若い奴はサボりぐせがついている。そんな派手な化粧と服装している奴は特にな」と言いました。(化粧も服装も派手とは今まで言われたことありません。髪の毛も濃い目の茶でした。)どうにか授業を乗り切り、その後体調不良が治らず帰宅しました。
この行動で私は教授に目をつけられたようです。

その教授のテストの日、私は朝から体調不良で病院に行きました(貧血)。朝、大学に電話で連絡してもその教授には繋がらず、病院で診断書を書いてもらい、別日での試験の申し込みをしました。電車の遅延や病気でやむをえない場合は証明ができる書類などがあれば、試験ができるようになっています。
午後になって体調が回復したため、診断書を教授のところまで持参し理由を説明しました。教授は「またお前か。たるんでいるからこういうことをする。貧血なんて軽い症状、本当に病院に行く必要があったのか知らないけど、診断書があるから、試験をさせるけど。」と言いました。試験対策はしっかりしていたため、試験では自己採点で7~8割の点数を取れました(なぜか点数開示は私だけなし)。6割以下で再試験となるのですが、他の受講者では6割以下の人も複数いたのに、再試験対象者として私1人だけ通知が来ました(毎年15人ほど再試験をします)。

この時点でかなり不信感を持っていましたが、この授業の単位を落とすと留年となるため、再試験日に教授の研究室に行きました。
教授は「何しに来たの?」と言いました。私が再試験のことを伝えると、「ああそうか、じゃ、この紙に勉強したこと書いといて」と白紙のA3用紙を渡されました。私は試験範囲の学習したことをまとめ、裏表両方いっぱいに使って記述し、教授に提出しました。すると教授は目も通さず、「留年したら困る?」と笑いながら聞いてきました。私は学費の面でも苦しく、留年はしたくないことを伝えました。教授は「ちゃんと真面目に授業受けないからこんなことになる。帰っていいよ。」と言いました。

その後、その教授の授業の単位は取れましたが、他の受講者で試験で6割以下しかできていない人も再試験なしで単位を取っておりかなり不快感を感じました。

私は教授による嫌がらせだと思い、大学のハラスメント対策委員会などを調べましたが、なんとその教授が代表者だったため、何も相談できず、(不快なままでしたが単位は取れたため)諦めました。

ハラスメント対策を掲げている人でもこのような嫌がらせ・ハラスメントをするのだと、非常に不快で、相談先もできず辛い経験でした。
ハラスメント対策は外部に委託するなど、相談しやすい環境を作るべきだと感じました。

ハラスメントの相談も弁護士へGO

今回の体験談は特に気分が悪くなる内容ですね。

こんな時の相談も弁護士保険に付帯する無料法律相談で適切な対処を取るアドバイスを受けれた事でしょう。

法律に関するトラブルを包括的にサポート

弁護士保険なら日常で起こる様々なトラブルにサポートをすることができます。

法的トラブルには、セクハラ・パワハラ・押し売り・賃貸のトラブル・交通事故etc…

日常で誰でも起こり得る身近な出来事ばかりです。

弁護士保険があれば弁護士を身近に感じ、味方にする事ができる。

弁護士保険はそんな問題を解決することができます。

無料の相談ダイヤルや弁護士費用の補償があり、弁護士を身近に感じて金銭的にも余裕をもって人生を過ごすことができます。

日常の中で様々な悩みを弁護士保険なら法的観点で解決のお手伝いをすることができます。

いま我慢して泣き寝入りしているような事も弁護士に相談すればすんなり解決するかもしれません!

べんほ(弁護士保険)の詳細はこちら

べんほ(弁護士保険)に関する料金や詳しいサービスの説明はこちらからご覧いただく事ができます。

公式ページ資料請求

TVCM放映開始!

 

他人事じゃない!あなたの周りのトラブルのお守りにべんほ!

日本では年間、約218万人もの人が法的トラブルに直面しています。※1

これを読んでいるあなたにも充分に法的なトラブルに直面する可能性があるという事です。

実際に相続労働のトラブル等は自分には関係が無いと言えるでしょうか?

そういったトラブルが起こった際の準備はできていますか?

安心してください!

べんほ(弁護士保険)があれば、莫大な弁護士費用をカバーできます!

個人向けのべんほの申し込みは以下のページから可能です。
資料請求も無料で行っておりますのでお気軽にお問合せください。

お申込み資料請求

※こちらは個人向けのべんほのリンクです。

※1 2008年度市民の法的ニーズ調査報告書(日本弁護士連合会)より
※2 ※1及び総務省統計局人口推計(平成27年6月1日現在(概算値))当社試算
※3 ※1及び平成24年交通事故発生状況(警察庁交通局)基に当社算出

募集文書番号: PV2019営推00205