みんなの体験談

弁護士保険ならストーカー被害にも早期対策できる!?

詳細ページ公式ページ今回も皆さまの体験談のご紹介をしていきます!

誰もが経験をする可能性のあることなので、要チェックです!

職場の男性にストーカーされた

飲食店でのアルバイトとして働いていた時の話です。 職場から家まで自転車で10分とかからない地点にあった為、朝9時からの勤務と夜23時までのシフトに入れてもらっていました。帰り道も大通りのかなり明るい場所を通って帰るようにして心がけていたので、その時は特に何を気にするわけでもなく通勤していたんです。 その職場に勤めるようになってから1年経ったある日、職場に新しく50代くらいの男性が入る事になったのですが、その人物がかなり問題のある人でした。 最初は10~20代の女性職員にやたらと付きまとい、休憩時間なども女性の輪の中に入ってきて話しを相槌をしながら聞いているだけだったのですが、そのうち通りすがりにお尻を触ったり、彼氏がいるとわかるとどんなプレイをしているのかなどのプライベートな質問をしてくるようになりました。 それ以外はきちんと仕事をする親切でとても良い方だったので、セクハラ行為だけをやめてくれればと思っていたのですが、改善してくれる気配もなく、いよいよ店長に直接相談しました。 一度注意を受けて数日はおとなしかったのですが、またすぐにセクハラをしてくるようになってしまい、全く効果がありませんでした。 このまま続くようであれば辞めると女性陣が口にしだし、店長が本部の上司に問題のある男性がいるという話を伝えたところ、個別に指導をしてくれたようでした。 しかし、あれだけ注意されたにも関わらず今度は大人しい子だけを狙ってセクハラを再開。 シフトも問題のある男性を朝の勤務にして帰らせるようにしていたのですが、夜勤に入っている女性をターゲットとして、夜勤をしている人へ差し入れに来たと言って仕事が終わるまでずっと待つようになったんです。 その時人数不足で夜勤の時間帯は私しか入れない状況だったので、一人で働いていることも多かったのですが、危ないということもあって男性も一緒に勤務に入れてもらうことにしたのですが、ある日の帰り道に違和感に気づきました。 その時は冬場で天気も悪かったので徒歩で通勤していたのですが、後ろをずっとその男性職員が後ろからついてきたんです。 最初は気のせいかと思ったのですが、ストーカーをされていることがわかり道中携帯で動画撮影をしながら、店長と同じ時間まで働いていた男性職員に今ストーカーされているので急いできてほしいとメールを送信。 家に帰る途中で寄り道をしながら時間を稼ぎ、近くに来たという店長のメールをみて帰宅。 すると、いきなり男性が家の庭に入り込んできて迫ってきたんです。 タイミングよく来た店長たちのおかげで男性職員は捕獲され、そのまま警察へ連行。 後日、数々のセクハラ行為を過去働いていたと複数の女性が証言してくれて、今回の強姦未遂と不法侵入の罪で新聞にも載るほどの大騒ぎとなり、男性も逮捕となりました。 法的な処置がとられ、今後職場付近はもちろん、女性職員にも一切近づかないという書類にサインを書かせて男性は刑務所行きに。 男性はもちろん職場をクビになりました。 今はもう出所していますが、数年の刑務所生活をして懲りたのか、今は別のところで大人しく働いているそうです。

自分一人じゃどうすればいいかわからない!

こういった法的トラブルは自分一人じゃどうすればいいかなんてわかりませんよね!

そう言うわからない事は専門家に聞くのが1番です!

法律に関するトラブルを包括的にサポート

弁護士保険なら日常で起こる様々なトラブルにサポートをすることができます。

法的トラブルには、セクハラ・パワハラ・押し売り・賃貸のトラブル・交通事故etc…

日常で誰でも起こり得る身近な出来事ばかりです。

弁護士保険があれば弁護士を身近に感じ、味方にする事ができる。

弁護士保険はそんな問題を解決することができます。

無料の相談ダイヤルや弁護士費用の補償があり、弁護士を身近に感じて金銭的にも余裕をもって人生を過ごすことができます。

日常の中で様々な悩みを弁護士保険なら法的観点で解決のお手伝いをすることができます。

いま我慢して泣き寝入りしているような事も弁護士に相談すればすんなり解決するかもしれません!

べんほ(弁護士保険)の詳細はこちら

べんほ(弁護士保険)に関する料金や詳しいサービスの説明はこちらからご覧いただく事ができます。

公式ページ資料請求

TVCM放映開始!

 

他人事じゃない!あなたの周りのトラブルのお守りにべんほ!

日本では年間、約218万人もの人が法的トラブルに直面しています。※1

これを読んでいるあなたにも充分に法的なトラブルに直面する可能性があるという事です。

実際に相続労働のトラブル等は自分には関係が無いと言えるでしょうか?

そういったトラブルが起こった際の準備はできていますか?

安心してください!

べんほ(弁護士保険)があれば、莫大な弁護士費用をカバーできます!

個人向けのべんほの申し込みは以下のページから可能です。
資料請求も無料で行っておりますのでお気軽にお問合せください。

お申込み資料請求

※こちらは個人向けのべんほのリンクです。

※1 2008年度市民の法的ニーズ調査報告書(日本弁護士連合会)より
※2 ※1及び総務省統計局人口推計(平成27年6月1日現在(概算値))当社試算
※3 ※1及び平成24年交通事故発生状況(警察庁交通局)基に当社算出

募集文書番号: PV2019営推00205