みんなの体験談

セクハラ・職場での嫌がらせにも弁護士保険は有効!?べんほで解決!

弁護士保険の普及にあたって、法的なトラブルの体験談を募集したところ、多くの体験談が寄せられたので紹介していきたいと思います!

上司からの性的な嫌がらせにあった

私がまだ20代の後半の頃。
上司から性的な嫌がらせを受けていました。
ご本人にはそのつもりはなかったと思いますが、会社に行くと、必ず美人な社員と私を比べては、「お前は顔はブサイクだけど、胸だけは大きいな」と笑いながら言われました。
周囲もドッと笑い、私も笑うしかありませんでした。
ですが 、思い出したように度々言われたり、遠くから「おい、ブス」と呼ばれると、やはり屈辱的なものを感じました。
当時の私は、同じ会社に片想いをしている男性もいた為、とてもいたたまれず、出来る事なら逃げ出してしまいたかったです。
同僚は、「そんな事気にしない方が良いよ」と言ってくれますが、慰められるのも辛かったです。
そして、次第に上司の言動はひどくなってきて、飲み会などになると、側に来ては耳元で、「胸を揉ませろ」など、誰にも聞かれないような小声で囁いてくるのです。
そんな状況が続いたある日。
会社に行って、上司の姿を見た瞬間。
私は過呼吸になってしまいました。
会社に行く事が出来なくなり、結局、1年もたたずに会社を辞める事となってしまったのです。
悲しくて、悔しくて、泣いて、でもこのままでは終わりたくないと思いました。
そこで、弁護士に相談する事にしたのです。
まず、上司の言動は明らかな人権侵害です。
そして、民事責任を問えないかと相談しました。
民事責任は、不法行為があった場合に、その責任を問えるのです。
弁護士との話し合いで、証拠はあるのかと聞かれました。
証拠と言われましても、当時は今のようにスマホも持ってはいませんでしたし、ボイスレコーダーという判断も出来ませんでした。
証拠があるとしたら、職場の同僚の証言だけです。
私は仲が良かった数人に声をかけましたが、やはり断られてしまいました。
弁護士に相談しましたが、証拠や証言が難しい以上は、争うだけ不利ではないかと、やんわりと言われてしまいました。
確かに、肉体的に直接何かがあった訳ではありませんし、言葉はひどいものでしたが、それを証明する事は出来ません。
悔しくて、悔しくて、結果、泣き寝入りをする事となりました。
それから、新しい会社に勤めた時には、ボイスレコーダーを用意するようにしました。
それが、自分の将来を守る方法だと思ったからです。
セクハラという、言葉でのトラブルは軽く思われがちですが、心に受けた傷は永遠です。
出来れば、そのようなトラブルにはならない職場環境が大切だと思いました。

弁護士保険があれば・・・

今回の方は結果的に泣き寝入りしてしまいましたが、弁護士保険を持っていれば、もっと初期に相談をして解決、最悪の場合は訴訟も可能でした。

弁護士保険をもっているだけでこんな悔しい思いをせずに済むことができるんですね!

法律に関するトラブルを包括的にサポート

弁護士保険なら日常で起こる様々なトラブルにサポートをすることができます。

法的トラブルには、セクハラ・パワハラ・押し売り・賃貸のトラブル・交通事故etc…

日常で誰でも起こり得る身近な出来事ばかりです。

弁護士保険があれば弁護士を身近に感じ、味方にする事ができる。

弁護士保険はそんな問題を解決することができます。

無料の相談ダイヤルや弁護士費用の補償があり、弁護士を身近に感じて金銭的にも余裕をもって人生を過ごすことができます。

日常の中で様々な悩みを弁護士保険なら法的観点で解決のお手伝いをすることができます。

いま我慢して泣き寝入りしているような事も弁護士に相談すればすんなり解決するかもしれません!

べんほ(弁護士保険)の詳細はこちら

べんほ(弁護士保険)に関する料金や詳しいサービスの説明はこちらからご覧いただく事ができます。

公式ページ資料請求

TVCM放映開始!

 

他人事じゃない!あなたの周りのトラブルのお守りにべんほ!

日本では年間、約218万人もの人が法的トラブルに直面しています。※1

これを読んでいるあなたにも充分に法的なトラブルに直面する可能性があるという事です。

実際に相続労働のトラブル等は自分には関係が無いと言えるでしょうか?

そういったトラブルが起こった際の準備はできていますか?

安心してください!

べんほ(弁護士保険)があれば、莫大な弁護士費用をカバーできます!

個人向けのべんほの申し込みは以下のページから可能です。
資料請求も無料で行っておりますのでお気軽にお問合せください。

お申込み資料請求

※こちらは個人向けのべんほのリンクです。

※1 2008年度市民の法的ニーズ調査報告書(日本弁護士連合会)より
※2 ※1及び総務省統計局人口推計(平成27年6月1日現在(概算値))当社試算
※3 ※1及び平成24年交通事故発生状況(警察庁交通局)基に当社算出

募集文書番号: PV2019営推00205