弁護士保険

これってセクハラ?!自分の身は自分で守る時代になってます。

セクハラは近年社会問題になっており、ずいぶんと改善をされているような風潮になっていますが、まだまだ現場では横行しているのが事実です。

セクハラか否かの判断基準は、言われた人の主観によるものですから、客観的な判断基準があるわけではありません。

極端な話、あなたがセクハラと思えばセクハラになります。

「結婚しないの?」という発言も、家族や友人同士の会話なら自然に交わすことがあるでしょう。

しかし、職場の上司が部下に聞けば、セクハラに当たる可能性があります。

最近ではさらに「今日の服いいね」とか「髪切った?」といった、一昔前ならむしろ「気の利く一言」とされていたものが「気持ち悪いから」という理由でセクハラ扱いされることもあります。

こうした発言は「誰から言われたか」がとても重要な意味を持ちます。

たとえば中年男性から「かわいくなったね」と言われれば、若い女性の多くはえ、気持ち悪い。と思ってしまうことがあります。

しかしイケメン俳優から「かわいくなったね」と言われれば、舞い上がってしまうでしょう。

主観的な判断でそんな事が法的なトラブルにつながるなんて恐ろしい事ですが、日本では現状そうなっています。

セクハラの定義

セクハラに明確な定義はありませんが、性的な言動はセクハラに分類されるといえるでしょう。

性的な言動の例

①性的な内容の発言

性的な事実関係を尋ねること、性的な内容の情報(噂)を流布すること、性的な冗談やからかい、食事やデートへの執拗な誘い、個人的な性的体験談を話すことなど

②性的な行動

性的な関係を強要すること、必要なく身体へ接触すること、わいせつ図画を配布・掲示すること、強制わいせつ行為、強姦など

引用元:法務省|職場のセクシュアルハラスメント対策はあなたの義務です!!

セクハラと感じたらまず相談

少し女性は理不尽だ。という表現になってしまいましたが、守るべき権利を守るのも女性自身がすべきことです。

あなたが気持ち悪いと感じればセクハラは成立するので、嫌な思いをしたらすぐに相談をするようにしましょう。

困ったら弁護士に相談

セクハラは法的なトラブルに分類されます。

法的なトラブルを誰に相談するか、選択肢は弁護士一択と言えるでしょう。

べんほ(弁護士保険)で弁護士費用をカバー

弁護士費用は皆さんがなんとなく認識している通り、高額です。

普通の生活をしていたら、払えないような料金設定になっています。

そんな高額な弁護士費用をカバーし、だれにでも弁護士に気軽に相談できるようにした保険がべんほ(弁護士保険)です。

べんほ(弁護士保険)に関する料金や詳しいサービスの説明はこちらからご覧いただく事ができます。

公式ページ資料請求

 

法務省が唱えている通り、自分の身は自分で守るようにして楽しい毎日を送りましょう!

 

TVCM放映開始!

 

他人事じゃない!あなたの周りのトラブルのお守りにべんほ!

日本では年間、約218万人もの人が法的トラブルに直面しています。※1

これを読んでいるあなたにも充分に法的なトラブルに直面する可能性があるという事です。

実際に相続労働のトラブル等は自分には関係が無いと言えるでしょうか?

そういったトラブルが起こった際の準備はできていますか?

安心してください!

べんほ(弁護士保険)があれば、莫大な弁護士費用をカバーできます!

個人向けのべんほの申し込みは以下のページから可能です。
資料請求も無料で行っておりますのでお気軽にお問合せください。

お申込み資料請求

※こちらは個人向けのべんほのリンクです。

※1 2008年度市民の法的ニーズ調査報告書(日本弁護士連合会)より
※2 ※1及び総務省統計局人口推計(平成27年6月1日現在(概算値))当社試算
※3 ※1及び平成24年交通事故発生状況(警察庁交通局)基に当社算出

募集文書番号: PV2019営推00205