弁護士保険

未だに全然無くならない『セクハラ』あなたはきちんと自分の身を守ることができますか?

女性が社会に出るうえで必ずと言ってもいいほど、直面するトラブルが『セクハラ』です。

セクハラは昨今大きな社会問題となっており、女性の立場がきちんと守られてきているのも事実です。

しかし、現場ではまだまだ無くなっていないのも事実です。

今回はそんなセクハラに関するべんほの事例を見ていきたいと思います。

出張中にセクハラをされてしまった。

25歳女性会社員です。先日、上司と出張がありました。その際、移動中の車の中で「最近彼氏とはうまくいっているのか?」など聞かれたり、体を触られたりして、精神的に嫌な思いをしました。 その後、一緒に働いていることがストレスになってしまい、医者に相談した結果、軽度の鬱と診断されました。このような職場外での性的な嫌がらせも、セクハラとして損害賠償請求できるのでしょうか?

自分で解決した場合

上司と直接話し合ったところ、「和ませるためにやっただけでそんなつもりはなかった。それに、そのくらい我慢しないと社会ではやっていけないぞ」と言われてしまいました。 分からない人にはどれだけ言っても分からないと思いますし、こんな上司がいる会社では働きたくありませんので、退職しようと思います。

得られた経済的利益:0円

Mikataに加入していた場合

上司に対して損害賠償請求をするため、弁護士に相談しました。 弁護士の協力のもと裁判を起こすこととなり、損害賠償300万円を請求した結果、損害賠償120万円を支払っていただくことができました。

得られた経済的利益:1,200,000円

その他ハラスメントのトラブル問題には『解決コンシェル』が参考になります【外部サイト】

※上記の金額は、当社独自の計算方法のもと算出しております。各金額や各費用項目は、弁護士事務所によって異なりますので、ご依頼する弁護士に確認して下さい。
※保険金の支払額については個々の事例により異なり、必ずしも上記支払額を補償するものではありません。
※上記の金額は、税込みの金額です。
※ご依頼されたトラブルが解決した場合、上記金額以外に報酬金等をご依頼者様に負担していただく場合がございます。詳しくは、ご依頼された弁護士に確認して下さい。

引用:https://preventsi.co.jp/case/ex?case=13

最後に

日本では年間、約218万人※1の人が紛争に面しています。

つまり58人に1人※2の人が紛争に直面しているという事になります。

この発生確率は、交通事故の約5.5倍※3にものぼります。

私には関係ないと言い切れますか?

何らかのトラブルに巻き込まれる前に、弁護士保険Mikata(べんほ)に加入して、人生のミカタを手に入れてみませんか?

公式ページ申込ページ

※1 2008年度市民の法的ニーズ調査報告書(日本弁護士連合会)より
※2 ※1及び総務省統計局人口推計(平成27年6月1日現在(概算値))当社試算
※3 ※1及び平成24年交通事故発生状況(警察庁交通局)基に当社算出

TVCM放映開始!

 

他人事じゃない!あなたの周りのトラブルのお守りにべんほ!

日本では年間、約218万人もの人が法的トラブルに直面しています。※1

これを読んでいるあなたにも充分に法的なトラブルに直面する可能性があるという事です。

実際に相続労働のトラブル等は自分には関係が無いと言えるでしょうか?

そういったトラブルが起こった際の準備はできていますか?

安心してください!

べんほ(弁護士保険)があれば、莫大な弁護士費用をカバーできます!

個人向けのべんほの申し込みは以下のページから可能です。
資料請求も無料で行っておりますのでお気軽にお問合せください。

お申込み資料請求

※こちらは個人向けのべんほのリンクです。

※1 2008年度市民の法的ニーズ調査報告書(日本弁護士連合会)より
※2 ※1及び総務省統計局人口推計(平成27年6月1日現在(概算値))当社試算
※3 ※1及び平成24年交通事故発生状況(警察庁交通局)基に当社算出

募集文書番号: PV2019営推00205