経営者の方お待たせしました!ついに到来!法人向け【べんほ(弁護士保険)】

経営者、個人事業主の皆様!
大変長らくお待たせいたしました。

ついに【べんほ】から法人向けの弁護士保険が年内に開始予定です。

随時更新していきますので要チェックです!

今回は法人版べんほの概要について紹介をしていきます。

経営に潜むリスク

事業者向けの弁護士保険のご紹介の前に経営にはどのようなリスクがあるのかおさらいしておきましょう。

◇事業をやるうえで起こり得るトラブル◇

・ネットでの炎上
・未払い債権
・不当なクレーム
・労務関連でのトラブル

それぞれ見ていきましょう。

・ネットでの炎上

ネットでの炎上は以下の様なケースが考えられます。

昨今話題になっている、アルバイトによるSNSでのいたずら動画の公開。
自社製品の悪評を虚偽の内容で広めている。

ネットが発達して、ネットやSNSでの口コミは非常に影響力の強いものとなっています。
ネットに書いてあることなんて。。。と軽視できなくなってきているのが実情です。

・未払い債権

商品を納品したのに、言い掛かりをつけられて、なかなか代金を支払ってもらえない等が具体的な例としてあります。

会社や事業の規模が小さければ小さいほど、一度の未回収で致命的なものになる可能性が高いです。

契約の仕方や未払いの際の早急な対応が肝となり、弁護士への相談は不可欠となっています。

・不当なクレーム

事業をやっていれば、取引先やお客様からクレームを受け、損害賠償や返金の請求をされる事もあるでしょう。

正当な内容であれば応じるべきですが、過剰な請求であったり不当な請求の場合も少なくありません。

・労務関連でのトラブル

昨今増えているのは従業員からパワハラの慰謝料請求と未払残業代請求をされるというケースです。

昔は当たり前だったことも、時代が変わることにより当たり前ではなくなってしまっていることも多いです。

ついに到来!事業者向け弁護士保険の概要

ついに到来した法人向けの弁護士保険の概要をご紹介していきます。

1. ドキュメントサービス

専門家の監修を経た契約書のひな型で、作成・締結・管理を全てクラウド上で完結できます。
一例)労働条件通知書、業務委託契約書、秘密保持契約書、入社時誓約書 など

2. 弁護士直通ダイヤル

トラブルの早い段階で、企業法務の経験のある弁護士にダイレクトに電話がつながり、一般的な法制度上の助言や事案が法律問題にあたるか否かの判断が得られます。

3. 弁護士紹介サービス

弁護士費用保険リガールの保険金支払対象となるお客様が、弁護士紹介をご希望される場合に、日本弁護士連合会を通じて各地域の弁護士をご紹介いたします。
(保険金支払対象外となるお客様で、弁護士紹介を希望される場合には、別途弁護士会が運営するサービスをご案内いたします。)

4. 法律相談料補償

弁護士との法律相談で発生する、法律相談料の実費を補償します。
保険金をお支払いする事件は、職業・事業活動に関する事件に限られます(個人の生活上の事件は含まれません)。
※詳細は、重要事項説明書および保険約款をご確認ください。

05. 示談交渉訴訟費用等補償

弁護士に業務を委託した際、はじめに発生する着手金や、業務委託の際の手数料の70%を補償します。
保険金をお支払いする事件は、職業・事業活動に関する事件に限られます(私生活上の事件は含まれません)。
※詳細は、重要事項説明書および普通保険約款をご確認ください。

法人向けべんほのお申込みは?

法人版べんほの申し込みは下記のページからWEB上で受付することができます!

【法人版べんほ】お申込みページへ

TVCM放映開始!

 

他人事じゃない!あなたの周りのトラブルのお守りにべんほ!

日本では年間、約218万人もの人が法的トラブルに直面しています。※1

これを読んでいるあなたにも充分に法的なトラブルに直面する可能性があるという事です。

実際に相続労働のトラブル等は自分には関係が無いと言えるでしょうか?

そういったトラブルが起こった際の準備はできていますか?

安心してください!

べんほ(弁護士保険)があれば、莫大な弁護士費用をカバーできます!

個人向けのべんほの申し込みは以下のページから可能です。
資料請求も無料で行っておりますのでお気軽にお問合せください。

お申込み資料請求

※こちらは個人向けのべんほのリンクです。

※1 2008年度市民の法的ニーズ調査報告書(日本弁護士連合会)より
※2 ※1及び総務省統計局人口推計(平成27年6月1日現在(概算値))当社試算
※3 ※1及び平成24年交通事故発生状況(警察庁交通局)基に当社算出

募集文書番号: PV2019営推00205