弁護士保険(べんほ)とは?トラブルが起こった時。あなたは守ってくれる人がいますか?

みなさんはじめまして!こんにちわ!
らいとです。

突然ですが質問です。
法律に関するトラブルや弁護士と聞いて、あなたはどんな印象を持ちますか?

おそらく大半の人が『自分には関係の無い事』という認識のはずです。
身近な事だと感じる人はかなり少ないでしょう。

しかし日本は法治国家なので多くのトラブルは法律で解決されます。

そんな法律のことで困ったときに便利な、べんほでお馴染みの弁護士保険をご存知でしょうか?
このページでは弁護士保険について紹介をしていきます!

弁護士保険(べんほ)とは?

そもそも弁護士保険とはどういうものなんでしょうか?
弁護士保険とは、弁護士に支払う着手金や報酬金を補償するものです。

何かトラブルが起きたとき自分だけでは解決できない場合専門家である弁護士に頼むのが一般的です。

しかし弁護士に依頼すると最初に払う着手金と頼んだ後の報酬として支払う成功報酬金を払わなければいけません。

法的トラブルは泣き寝入りが多い?

日本の法律関係のトラブルに関して、8割以上の人が泣き寝入りしている事が明らかになっています。

というのも先程挙げた弁護士費用が要因となっています。

弁護士費用には着手金と成功報奨金が発生します。

成功報奨金に関しては慰謝料等の一部から支払うことができます。
しかし着手金に関しては自分で準備しなければなりません。

さらに、この着手金はどんなに安くても最低20万円以上はかかってしまいます。
しかし普通の生活をしている方はすんなり20万円も出すことは難しいでしょう。

故に法律関係のトラブルに関して日本人のほとんどの人が着手金を出すことができず、泣き寝入りしてしまっていると言うのが現状です。

着手金・報奨金を保険でカバーできる保険!

弁護士保険に入っていれば着手金・報奨金を保険料で負担することができます。

もう法律関係のトラブルに対して、泣き寝入りをする必要がないんです!

身近に潜む法的なトラブルの数々

とはいえ法律関係のトラブルなんて自分には関係ないって思いがちですよね。
身近に潜むトラブルについて見ていきましょう。

セクハラ・パワハラ

職場内でのセクハラやパワハラは深刻な社会問題となっています。
被害を受けるのはもちろんのこと、いつ加害者になってしまうかわからない時代です。

相続トラブル

相続、遺言に関するトラブルは誰しも可能性のある事です。 身内同士でもめてしまい裁判が行われることも少なくありません。   財産の分与はテレビドラマでもある話ですが、逆に借金を残していかれてしまいその肩代わりをしなければいけない場合もあります。   さらには相続税等もあり、相続や財産の分与というのは法律にまつわる分かりにくい事がたくさんあります。  

交通事故

交通事故は普通の生活をしていも、突然やってくるものです。
明らかにこちらに不備は無いのに相手側の言い分によっては話がこじれてしまうケースは多々あります。

まとめ

如何でしょうか?
いま挙げたものは、ほんの一部にしか過ぎません、まだまだトラブルというのは日常に転がっています。

これでもまだ弁護士や法的トラブルは身近なものでは無いと思えるでしょうか。。。

弁護士保険なら契約者数№1のmikata!

弁護士費用保険に入るなら契約者数№1のMikataがオススメです!

Mikataは日本初の弁護士費用保険となっており、補償の範囲や適用事例も多数あります。
Mikataの詳細はこちらから

公式ページ

TVCM放映開始!

 

他人事じゃない!あなたの周りのトラブルのお守りにべんほ!

日本では年間、約218万人もの人が法的トラブルに直面しています。※1

これを読んでいるあなたにも充分に法的なトラブルに直面する可能性があるという事です。

実際に相続労働のトラブル等は自分には関係が無いと言えるでしょうか?

そういったトラブルが起こった際の準備はできていますか?

安心してください!

べんほ(弁護士保険)があれば、莫大な弁護士費用をカバーできます!

個人向けのべんほの申し込みは以下のページから可能です。
資料請求も無料で行っておりますのでお気軽にお問合せください。

お申込み資料請求

※こちらは個人向けのべんほのリンクです。

※1 2008年度市民の法的ニーズ調査報告書(日本弁護士連合会)より
※2 ※1及び総務省統計局人口推計(平成27年6月1日現在(概算値))当社試算
※3 ※1及び平成24年交通事故発生状況(警察庁交通局)基に当社算出

募集文書番号: PV2019営推00205